将棋自習室

右四間級位者の今後

【将棋ノート余白】降級目前

ウォーズ二級の達成率が一桁台。忙しさを理由に日課が疎かになっていた。いまだ降級していないのが不思議なくらいの状態。

f:id:himomagic:20201203113120j:image

ただ、数ヶ月前に比べて将棋に費やせる時間を取りづらくなっているのは事実。勉強不足なので、やっても無駄とウォーズ対局も控える。

うむ、たぶん必要。得意の微調整。

詰将棋

・寄せ手筋

・練習対局

この三点は時間がなくても毎日出来る。前にも書いたが…

そんなに空き時間無い?

無いわけない。やらないだけ…。

・戦法の研究

・ウォーズ実戦

感想戦

これを休みの日に。

実戦は、一日三局やる必要もない気がしてきた。勝っても負けても、その対局をちゃんと振り返る。どこが良かった、悪かったを考える事は今までしてこなかったので、新たにメニューに加える。

日課のメニューがどんどん軽くなっていく様な気がする…が、出来ない事はやらないタイプ。そのかわり、出来る事を一所懸命やる。

【将棋ノート余白】気にしないのか、知りたくないのか

よくこの形になるのに、大して研究もせずにそのままにしている序盤の形がある。よろしくお願いします!

f:id:himomagic:20201119193741j:image

相手の方に飛車先交換されて、歩で受けて横歩取られた場面で…

f:id:himomagic:20201119194256j:image

こうする。いきなり歩を二枚献上。序盤に明るい方なら激怒しそうな展開…大体相手の方は飛車を引く事が多い。で、そこから進んで…

f:id:himomagic:20201119195121j:image

こちらとしては、歩がないだけでいつもの形。相手の方は、まだまだこれから形を作る展開かと。相手の方が自分の飛車の扱いに手をかけている間に、こちらはさっさと自分の形にしてしまう…そんな主張。それが通るかどうかは別として、こちらとしては気が楽。いつもの形ぃ…と。普段は解析しても主に終盤の詰み筋が他にあったのか、うっかり筋をやっていないか等ばかりを見ている。序盤も含めた丁寧な振り返りも大事。当たり前だけど。やっていなかったのでこれからはやろう。

f:id:himomagic:20201119203218j:image

この対局は、毎度の4筋(後手番なら6筋)攻めから相手の方の見落としで勝つ事に。ありがとうございました!

【将棋ノート余白】ニアミス

珍しく休みの日に外出しなければ行けない用事が出来て、新宿の先まで行く。用事が終わって歩いていると、どっかで見たことある建物…

f:id:himomagic:20201120213508j:image

新国立競技場。おー、ニュースで何度も見たけど、ほんとに緑が多くて美しい。最後に来たのは二十年程前の旧国立。風景も大分変わってる。

何か忘れている様な…近くに美味しいラーメン屋さんがあるとか聞いていたが、詳しい場所や店の名前も思い出せない。せっかくの昼時だが、ラーメンは諦めて電車に乗り帰る事にする。大体早く帰りたい性格。とまぁ、しょうもない言い訳…

千駄ヶ谷にいるにもかかわらず、将棋会館に行ってみる(初めて)という発想がまるでなく、帰りの電車の中で気付いたウォーズ二級の人がいるらしい。

痛恨の見落とし⤵︎せっかくのチャンスだったのに。行こうとして出掛けるのはだいぶ勇気いるが、用事のついでならハードルは低目。何やってんだ。

久しぶりにテクテク歩いて疲れていたし…用事が済んで気が抜けていたし…。なんて言い訳も弱い。将棋好き失格級のうっかり。反省。

【将棋ノート余白】対向かい飛車

最近の対局。よろしくお願いします!

f:id:himomagic:20201114210528j:imageあまり経験のない向かい飛車。

f:id:himomagic:20201114210559j:image右四間には出来ない展開かと。

f:id:himomagic:20201114210635j:image同歩ならばガリガリと。

f:id:himomagic:20201114210742j:image

しつこく角交換して、打ち込みを狙う。この後数手で相手の方が投了。相手の方の作戦で思い違いでもあったのでしょうか、早めの決着。自分では全く有利だと思えておらず、お恥ずかしい。とにかく、ありがとうございました!

【将棋ノート余白】部活動見学

進学を控えた子供と志望校の学校見学に行く。説明会の後、お目当ての部活動の見学をする機会が。私からすると何十年ぶりの体育会系の練習風景。キビキビと動く部員の方々。良い!

そんな中、スポーツの練習を将棋と重ね合わせてしまう自分がいる。おそらく、保護者の中では一番熱心に見学している様に周りからは見えたはず…。

見学したのは球技なのだが、ボールも使わずに延々とダッシュレーニングが続く…これ、詰将棋かと。結局これが出来ていないと、最後に勝てない。最終盤でスタミナ切れとか、明らかなスピードダウンでは論外。逆に、これ(走力、スタミナ)だけを武器に試合で活躍する選手だっているくらい。重要。

その後は、その競技特有のステップワーク…寄せの手筋にも思える。その動き(ステップ)は知らないと出来ないものもあるし、理にかなった効率的なもの。やっている本人はそこまで意識していない場合が多いけど…。

どちらも競技力向上なのは勿論だが、自分の現状を確認する大事な「儀式」でもある。自分が学生の頃には無かった「ルーティン」…便利な言葉。調子の悪い時はこの時点で違和感を感じる。ここで「?」が出るようではボールを持った実戦練習(対局)なんて、とんでもない。某日本人メジャーリーガーも似たような事言っていた気がする。うむ、気付く事多い!と、結構強引に将棋にこじつけて、勝手に満足する帰路。

思い起こして自分。寄せ、詰めのルーティンもせずに対局する事もあるのを反省。負けてムキになり、連戦して連敗…これって必然。

一つの救い。詰将棋寄せの手筋も、ラントレやステップワークに比べれば、それ自体面白い事。一目で筋が見えた時には成長を感じる点。今日も明日もラントレやステップワークをしている若者の姿を胸に、私なりに精進を。

ちなみに、部活現役の頃からの名残で今でも私は、歯磨きの際は爪先立ち…。ジャンプ力が付くような気がして始めた…。おそらく自分の人生でもっとも続いている日課。将棋には全く関係ないので、あしからず。

【将棋ノート余白】大金星だが

流石に嬉しい。初段の方に勝てた。よろしくお願いします。格上の方相手だし穴熊にしておこうとした矢先に下図。ただでは組ませてもらえない、という事か。

f:id:himomagic:20201114135439j:image

受けてもアレだし、何か悔しいのでこちらから仕掛ける。

f:id:himomagic:20201114134633j:image

お馴染みの4筋から…

f:id:himomagic:20201114134734j:image

攻めが切れないことを意識。自分なりに頑張ったつもりだが、後にぴよ将棋で解析すると大体悪手、それなのに…。

f:id:himomagic:20201113230916j:image

相手の方が私以上にミスをされていたご様子。居飛車党、振り飛車党問わず、上図の形は丸暗記されているのでは。みなまで言わず…ありがとうございました。

【将棋ノート余白】よくわからない

決して社交的では無い性格だが、職場の休憩室での会話位は出来ている。なので、自分が将棋にハマっている事は随分周知されてきた。その中で、外出自粛期間中にお子さんと将棋を始めたという、とある先輩から相談を受ける。

「この数ヶ月で子供に勝てなくなった…」

…子供って凄っ。悔しいから教えて、とも。会話の流れから「himo君(私)、いっちょ俺とやってよ!」となり、対局へ。休憩室でのこんな光景は昔なら日常茶飯だったらしいが、今では珍しいもの。ワラワラ野次馬様が集まりだして、将棋好きと認知されている自分としては一丁前にプレッシャー…。最近駒の動きを子供と一緒に覚えたレベルの先輩から提示されたルールは…

ハンデ無しでいいよ、そのかわり金と銀の動きを間違えたらごめんね!…あ、はい。

結果はいうまでもなく…。本来なら駒落ちでやらなければいけないのだろう。それでも「いやー、勉強になったよ。」と言ってくれた先輩の器の広さに感服。野次馬様達からは「流石だね〜」なんて言われてしまうが…自分が上手の対局なんて経験がないもので、正直に戸惑う。こんなんで良かったのか。先輩が将棋を嫌いになってしまったのでは、など考えてしまう。軽い気持ちで引き受けた対局で気付く事、思った事が多くある。まとめる事が出来たらまたの機会に…。

f:id:himomagic:20201106224049j:imageこちらは最近のウォーズ。相変わらずの、ひとつ覚え…珍しく必勝形なニオイ。予想通りの展開。ありがとうございました。